平和と人権を考える日記

2017年08月08日

日本は狂っている

人々は常に最悪の場合を考慮し備えるのが当たり前だと思うのだ。
泥棒に備え災害に備えるが如く戦争に備え侵略に備えるべきである。

戦後の日本は常に、戦争は起こらないことを前提にし、
世界の人々が善意であることを前提にしてきた。
それは最も愚かしいことだと言えよう。

今こそ立ち上がり、シェルターを備え核を備え軍備を整え、
万一に備えるべきである。そして既に起こってしまった万一のこと、
すなわち悪意ある外国による日本人多数者の拉致という
40年以上も続く未解決の犯罪、主権侵害による被害者の救出と
国家威信奪還の模索を最重要事項として国会は進行されるべきである。
posted by まつよ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

ペマ・ギャルポ氏の声明文

在日中国人のアパホテル
「言論弾圧」に抗議する声明文


2月6日、東京都内にて、在日中国人による、
アパホテルに対する抗議デモが行われました。
私たちは言論、表現、思想の自由を守る立場から、
在日中国人の政治活動そのものを
全否定するつもりはありません。
また、アパホテルの客室に置かれた書籍の内容に対し、
言論で抗議することも、また、そのようなホテルに
宿泊しないことも、全く自由であると考えています。

 しかし、それと同じ立場から、
アパホテルという一民間企業の経営者の言論の自由
そのものを否定することは許されてはならないと考えます。
特に今回の抗議デモに参加された
在日中国人の皆さんに訴えたいのは、
皆さんの行動や言論が保証され、しかも日本の警察官が、
職務として、皆さんのデモを責任をもって警備する、
このような自由で法治の国家と、
現在の中国共産党独裁下の祖国の現状が
いかに異なっているかという事です。

 皆さんが声をまず挙げるべき相手は、
本国で言論の自由も政治活動の自由も
民衆から奪っている中国政府に対してです。
そして、祖国中国で自由民主主義が実現し、
言論の自由が認められて、初めて歴史論争も、
また日中の対話も有意義なものとなりえます。
日本の残虐行為を宣伝する中国政府が、逆に天安門で、
ウイグルで、チベットで、南モンゴルで、
どのような行為を行ってきたか、
そして今も行っているかを、
私たち以上に皆さんが理解しているはずです。
皆さんがまず行うべき抗議の対象は中国の独裁政府です。
私たちは日中の真の友好を求めるからこそ、
いかなる立場の言論にも自由を認める
自由で民主的な中国の実現こそが、
日中両国民が共通で目指すべき目的であると考えます。

2017年2月8日
アジア自由民主連帯協議会 会長 ペマ・ギャルポ

一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会
posted by まつよ at 15:26| Comment(0) | 日中問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

綺麗ごと保守では改善されない

今回の新宿アパ前、在日中国人抗議デモに対するカウンターに対し、
苦情を言ってる有名人がいるようだが、
積極的に反対しないことは消極的に支持することであることが
わかっていないようです。
在日中国人の不法デモを黙って見ていろとか
アパへの抗議文を笑って受け取れなんて、
負け犬根性の馬鹿馬鹿しい発想でしかない。

捏造大虐殺を強弁する違法者に抗議して何が悪いのだ。
北京でやれ云々というのは、拉致被害者奪還デモ活動に対し
北朝鮮まで迎えに行け、
できないなら黙っていろと言っていることと同じだ。
言うだけなら誰でもできるのだ。
行動者を称えたい

posted by まつよ at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする